徒然...by kandays
'94年に「KISS MY ASS」を聴いて、僕の中でのKISSの 再評価みたいなことがあり、翌年の'95年に彼らの来日があったのですが、 来日が決定した当初は観に行くつもりは特に無かったのでした。
しかし、日程が近づくにつれて、ちょっと観ておきたいという気持ちから、 公演日の約1週間前にチケットを買いました。

んで当日の'95年1月31日(確か...)に、会場の武道館に入ってまず 驚いたのが、
「たくさん人が入ってル!!」
ということでした。
KISSから10数年間離れていて、彼らの存在すら忘れていた僕にとっては、 KISSと聞いて今でもこれだけの人が集まるということが、ちょっと驚き でした。

ご馳走盛りだくさんのセットリストと、彼らのパフォーマンス(特にポールの良く のびる声が印象に残ってます)には、予想を遙かに上回る満足感を感じました。
更に驚いたのは、「LOVE GUN」の時に会場中で大合唱になった時です。 それまで自分のまわりにはKISSを知る人は居なくて、いつも一人で聴いてい たので、改めて
「KISS好きな人ってオレだけじゃないんだぁ〜」
などと、遅ればせながら実感し、心地よい一体感を味わうことが出来ました。

その後余韻に浸りたくて、「ALIVET」「ALIVEU」を毎日のように 聴き、まだ持っていなかった「ALIVEV」を買ったりして過ごすうち、
「メイク時代のステージはどんなだったんだろう。」
と思うようになってきました。
「観てみたいけど、でももうあり得ないことだから...。」
などと考えていた頃に、アンプラグド、リユニオンとトントン拍子(に感じた) に話が進み、'97年の来日の時には、
「夢がかなった!」
などと、大げさに喜んでしまいました。

残念なのは、チケット発売日当日、寝過ごして完全に出遅れてしまい、 2階のとぉーぃとぉーぃ彼方の席となってしまったことか...。
それでも充分満足出来ました。

リユニオンで夢が叶い、サイコサーカスで夢の中で夢を見てしまって、 未だに夢の中にいる、とすると夢から醒める、又は醒まされることも あり? ってことですかね?
でも、いい夢見させて貰ってます。
感謝、感謝。

KISS MILLENNIUM TOP
My Sweet KISS Menu